ビジネスエンジニアリングのインドネシア現地法人「B-EN-Gインドネシア」とは?

bid-mv1

B-EN-Gは海外進出されているお客様からのグローバル管理ニーズにお応えするために、海外で利用できる製品/サービスの開発・提供や海外現地でのシステム導入支援に取り組んでいる。中国、タイ、シンガポール、インドネシア、アメリカに拠点を有し、そのうちの1つがB-EN-Gインドネシア(PT. Toyo Business Engineering Indonesia)である。

bid-photo1

B-EN-Gインドネシアとは

2015年、ASEANではタイ、シンガポールに続く3拠点目としてジャカルタ市内に設立された。インドネシアに進出している日系企業を中心に、生産管理や原価管理、会計管理、IoTソリューション等の導入支援やコンサルティングを提供し、デジタル化支援を行っている。B-EN-Gインドネシアには約16人の現地社員が在籍、全員英語も話し、日本語が堪能な現地社員も数名いる。

B-EN-Gインドネシアの強み

  • 工業団地の日系企業へスピーディーな対応
    ジャカルタから約30キロ離れた工業団地内に拠点をもつ日系企業向けにサテライトオフィスを設けている。システムエンジニアを複数人常駐させ、迅速に現地のお客様をサポートする体制を整えている。
    詳細記事はこちら
  • インドネシアの製造業に適したテンプレートを提供
    mcframeインドネシアテンプレートは、生産・原価・会計管理システム「mcframe」を活用し、インドネシア特有の要件に対応するために開発した機能群。インドネシア語や税制度に対応し、内示や確定受注、出荷指示などオートバイや自動車などの輸送機械業が使いやすい機能を用意した。さらに食品や化学業界のお客様にも活用できる幅広いパッケージにしている。
    詳細記事はこちら

日系企業への支援実績

mcframe生産管理・原価・会計管理を中心に日系企業向けに導入支援を行い、2022年5月現在では60社ほどの実績がある。また、この2,3年では、IoTソリューションの需要も高く、mcframe SIGNAL CHAINの導入社数も着実に増えている。最近では以下企業の導入事例を発表している。

B-EN-Gインドネシアが導入した導入事例

取り扱い製品・サービス

  • mcframe生産管理・原価管理
    mcframe生産管理・原価管理は、製造業様の強みを引き出し、経営環境の変化にも柔軟に対応しながら、企業の成長を支援するパッケージ。
  • mcframe GA
    多言語、多通貨、多拠点機能を持ち、会計から販売、購買、在庫といった幅広い業務に対応する海外拠点向けコンパクトERPパッケージ。
  • mcframe SIGNAL CHAIN
    「稼働モニタリング」と「設備メンテナンス」の2つのモジュールで製造現場の迅速な問題把握と改善を支援するIoTパッケージ。
  • mcframe RAKU-PAD
    手書き帳票のフォーマットをそのままタブレットの入力フォームに変換し、簡単に「作業実績入力」や「品質管理」等をデジタル入力。データ分析まで一気通貫で実現するソリューション。

その他おすすめ記事

その他のインドネシア関連記事はこちら
現地法人サイトはこちら

関連記事

インドネシア法人でのクラウドERP導入 Before/Afterを語る (後編)

インドネシア法人でのクラウドERP導入 Before/Afterを語る (後編)

今回はB-EN-Gインドネシアが、ビジネスエンジニアリングが提供しているクラウド型国際会計&ERPサービスの「GLASIAOUS」の導入に至った背景から導入、本稼働に至るまで、B-EN-Gインドネシア、そして記帳代行を委託している現地の日系会計事務所であるPT Asahi Networks Indonesia(以下、朝日ネットワークス)、B-EN-G本社経理部のメンバーに赤裸々に実態を語ってもらった。

インドネシア法人でのクラウドERP導入 Before/Afterを語る (前編)

インドネシア法人でのクラウドERP導入 Before/Afterを語る (前編)

今回はB-EN-Gインドネシアが、ビジネスエンジニアリングが提供しているクラウド型国際会計&ERPサービスの「GLASIAOUS」の導入に至った背景から導入、本稼働に至るまで、B-EN-Gインドネシア、そして記帳代行を委託している現地の日系会計事務所であるPT Asahi Networks Indonesia(以下、朝日ネットワークス)、B-EN-G本社経理部のメンバーに赤裸々に実態を語ってもらった。

設備の稼働率と保全状況をリアルタイムに可視化 紙ベースの業務を大幅に削減し現場作業員の生産性を改善

設備の稼働率と保全状況をリアルタイムに可視化 紙ベースの業務を大幅に削減し現場作業員の生産性を改善

多種多様なプラスチック製品の製造を手がける天馬株式会社は、インドネシアのチカラン工場における生産設備の稼働状況とメンテナンス状況をタイムリーかつ正確に把握して業務効率化を図るため、ビジネスエンジニアリングの製造業向けIoTパッケージ「mcframe SIGNAL CHAIN」を導入。人手に頼らずに稼働状況を正確に把握できるようになったほか、スマートフォンを用いた設備メンテナンス業務の効率化も実現している。

すべてのタグ