「セカイのチカラ」とは

mv-1

グローバルに拡大していく「ものづくり」の世界を私たちは支えます

昨今、日本の製造業の海外における生産比率の増加に伴い、海外現地法人は企業の経営そのものを左右する重要な位置づけとなってきています。

その結果、グローバルサプライチェーンの強化、本社による海外での製造や販売実績の見える化、市場環境の変化に対応した経営計画立案、グローバルレベルのガバナンス構築など、海外現地法人と本社との連携が重要なテーマとなり、このような背景からERPや基幹業務システムのありかたを再デザインする企業が多くみられるようになりました。

ビジネスエンジニアリングでは、日々増加するお客様からのグローバル管理ニーズにお応えするために、グローバルで利用できる製品/ソリューションサービスの開発や海外現地でのサポートの充実に取り組んでいますが、そのような課題/ニーズを抱える企業様向けに私たちの取り組みの一端をご覧いただくべく、日本企業が海外展開するうえで役に立つノウハウや事例などを本サイト「セカイのチカラ」でご紹介しております。

皆様の海外展開の一助としてお役立てください。

ビジネスエンジニアリング株式会社(略称:B-EN-G)
ビジネスエンジニアリングは、IT企画、BPR実施のビジネスコンサルティング、IT導入コンサルティングからシステム構築サービス、運用サービスにわたり、ERPを中心に豊富な実績を有するビジネスエンジニアリング企業です。
またERPをベースとしたSCM導入やデジタル変革支援ならびにタイや中国をはじめとしたグローバル展開支援での実績を積み重ねています。
同社は、中国、タイ、シンガポール、インドネシア、アメリカの5ヶ所に海外現地法人を有しています。
https://www.b-en-g.co.jp/

関連タグ

関連記事

ビジネスエンジニアリングのタイ現地法人「B-EN-Gタイ」とは?

ビジネスエンジニアリングのタイ現地法人「B-EN-Gタイ」とは?

B-EN-Gは海外進出されているお客様からのグローバル管理ニーズにお応えするために、海外で利用できる製品/サービスの開発・提供や海外現地でのシステム導入支援に取り組んでいる。中国、タイ、シンガポール、インドネシア、アメリカに拠点を有し、そのうちの1つがB-EN-Gタイ(Toyo Business Engineering (Thailand) Co., Ltd.)である。

日米公認会計士が語るタイ会計システム導入、プロジェクト成功の秘訣は?

日米公認会計士が語るタイ会計システム導入、プロジェクト成功の秘訣は?

世界のビジネス環境は、ここ数年で大きく変わった。日本とタイもその例外ではない。以前のように現地に出張ができず、日本から現場の様子が正確に把握できない状況が続いている。タイに進出する日系企業の多くはすでに何らかの会計システムを導入しているが、テレワークが進み、とりわけクラウド会計システムへのニーズが拡大している。先行き不透明な状況が続くなか、アフターコロナに備えて今のうちにテレワークにも対応可能な会計システムを整備しようという企業は少なくないようだ。

在庫管理から会計処理まで 一気通貫で管理する仕組みを タイとミャンマーで構築 月次締め処理も効率化し 残業時間を大幅削減

在庫管理から会計処理まで 一気通貫で管理する仕組みを タイとミャンマーで構築 月次締め処理も効率化し 残業時間を大幅削減

国内発売開始からロングヒットを続ける健康飲料である「ポカリスエット」で知られる大塚製薬株式会社。同製品を含む健康飲料事業のさらなる拡大を目的に、同社ではタイおよびミャンマーへ設置した拠点に、ビジネスエンジニアリングのクラウド型国際会計&ERPサービス「GLASIAOUS」(グラシアス)を導入。見たいデータを見たいフォーマットで日本からでも簡単に確認できる仕組みを実現し、経理・財務にまつわる管理業務の効率化を実現している。

すべてのタグ