【導入事例】インドネシアでの生産管理システム移行をスムーズに実現

mv

【導入事例】株式会社杉浦製作所 PT.SUGIURA INDONESIA
インドネシアでのサポート体制が最大の評価ポイント
生産管理システムの移行をスムーズに実現

ナット&ボルトの専門メーカーである株式会社杉浦製作所では、インドネシア拠点で使用していた生産管理システムのサポート担当者(ベンダー)の退職によるブラックボックス化・運用リスクが課題となっており、その刷新が急務であった。そこで、「mcframe」を採用して、カンバン方式やインドネシア特有の商習慣にも対応した生産管理システムの移行を実現した。

導入製品

mcframe

導入前の課題

  • インドネシア工場で使用していた生産管理システムベンダーからのサポートではコミュニケーション面で不安があった
  • 生産管理システムは現地の担当者が運用するため、インドネシアでサポート対応できるベンダーの選定が必要
  • 主要取引先であるトヨタ自動車への対応のために、カンバン方式に対応した生産管理システムが必要

B-EN-Gへの評価とmcframe選定の理由

  • 既存の生産管理システムの機能要件を満たすとともに、インドネシアでの現地サポートが可能である点を評価
  • カンバン方式にあわせてパッケージを柔軟にカスタマイズできるmcframeの特長とエンジニアの技術力を評価
  • インドネシア現地の導入コンサルタントが、現地の言語で直接のサポートや開発業務を遂行できることを評価

詳細をみる

関連タグ

すべてのタグ