シンガポール

コロナ禍入社の社員が聞いた、海外拠点ウィズコロナの実情[シンガポール編]

コロナ禍入社の社員が聞いた、海外拠点ウィズコロナの実情[シンガポール編]

新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから1年以上が経過しました。情勢回復が見られている国はあるものの、未だにどの企業も日々変わる状況により、対策に悩まされています。[セカイのチカラ]編集部の私、カミジョーもコロナ禍でB-EN-Gに入社。編集部の一員でありながら、現地を知る機会をなかなか作れずにいました。そこで、「コロナ禍における海外拠点の実情」について、B-EN-Gの海外拠点である、アメリカ、インドネシア、シンガポール、タイ、中国の各駐在員に話を伺うことにしました。

九電工東南アジア

九電工東南アジア、アジア5拠点のプロジェクト採算を 「mcframe GA」で見える化を実現

東南アジアのシンガポールとマレーシア、タイ、ベトナムの4カ国に5拠点を構え、日系企業向けに工場やビル建物の電気、空調、配管などの設計から施工、メンテナンスを手掛けているのが、電気設備工事大手の株式会社九電工(本社・福岡市)のグループ会社、九電工東南アジア(統括拠点:シンガポール)だ。

山下元士

「アジアの現場」を見える化 飛躍するシンガポールのビジネス日系企業のアジア拠点を支える

ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)のシンガポール法人は、東南アジア諸国連合(ASEAN)各国に拠点を構える日系企業各社に、生産・原価管理システム「mcframe」や会計システム「mcframe GA」のほか、IoT(モノのインターネット)ソリューションなどを展開する役割を担う。

【導入事例】国内拠点とシンガポール拠点の販売管理をmcframe GAで刷新 シンガポール拠点の決算迅速化や国内拠点の多通貨対応を実現

国内外ともに7年以上が経過した販売管理システムの刷新にmcframe GAを導入。シンガポール拠点における業務進捗の透過性向上と決算のリードタイム短縮をはじめ、国内拠点における多通貨・多言語対応やシステム運用管理コストの削減など、さまざまな効果を挙げている。

すべてのタグ