コロナ禍入社の社員が聞いた、海外拠点ウィズコロナの実情[インドネシア編]

コロナ禍入社の社員が聞いた、海外拠点ウィズコロナの実情 [インドネシア編]

新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから1年以上が経過しました。情勢回復が見られている国はあるものの、未だにどの企業も日々変わる状況により、対策に悩まされています。[セカイのチカラ]編集部の私、カミジョーもコロナ禍でB-EN-Gに入社。編集部の一員でありながら、現地を知る機会をなかなか作れずにいました。そこで、「コロナ禍における海外拠点の実情」について、B-EN-Gの海外拠点である、アメリカ、インドネシア、シンガポール、タイ、中国の各駐在員に話を伺うことにしました。

このシリーズを通じて、海外拠点がある日本法人の方に少しでも現地の状況や業務遂行のヒントを提供したいと考えています。コロナ禍に入社した私、カミジョーがお伝えする海外拠点ウィズコロナの実情、今回はB-EN-Gインドネシア プレジデントディレクターの佐々木淳さんに話を伺いました。

取材日:2021/07/14

各国のコロナ状況を聞いてみた

上條
カミジョー

佐々木さん、初めまして!今日はよろしくお願いします。
ニュースなどでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは改めて2021年7月14日現在、インドネシアのコロナの状況を教えてください。

上條

カミジョー
コロナ禍の2020年3月にビジネスエンジニアリング(以後「B-EN-G」)入社。
海外事情を学ぶために「セカイのチカラ」編集部員として、海外進出している日系企業の活躍や実態の発信に取り組んでいる。グリーンチキンカレーと四川麻婆豆腐が好き。

佐々木
佐々木

インドネシアは2021年7月3日からロックダウンです。既に何度もロックダウンを実施しており、外出制限が自動延長されています。第一波がずっと続いているような感覚ですね。
感染拡大が深刻化したこともあり、マスク非着用者への罰金制度があります。違反の際に現金を持っておらず払えない場合は、その場で腕立て伏せの罰則となる場合もあるようです。

佐々木

佐々木 淳(ささき じゅん)
2003年、B-EN-G入社。日本で7年間、中国上海拠点で8年間、SCM、製造業向けのシステム提案と導入プロジェクトに従事。2019年よりインドネシアのジャカルタに赴任し現職。インドネシアでは、製造業向けのシステム導入を中心に会計、原価管理、製造IoTなどのプロジェクトも数多く推進している。

上條
カミジョー

マスク不着用で罰金?!腕立て伏せ?!日本の対策から考えるとなかなか想像できないですね。。。

mask2020/04/29 警察官に腕立て伏せを命じられたマスク未着用者:じゃかるた新聞社提供

佐々木
佐々木

そうなんです。ですので、外では必ず常時マスクを着用しています。
また、地域の感染拡大状況により「オフィスは規定人数50%以下、25%以下」など個別のルールがあります。特に感染者が深刻な地域を「レッドゾーン」と呼び、より厳しいルールが設定されていて、集中的な消毒や行動制限が行われ、警察や軍が地域を封鎖することもあります。
ちなみに、インドネシアでは、感染拡大の状況によってグリーン(陽性者がいない)から、イエロー(陽性反応者が20人以下)、オレンジ(同21人から40人)、レッド(同41人以上)の4段階にゾーン分けされています。

上條
カミジョー

タイでもロックダウン中、シンガポールでも先日までロックダウンで、各国厳しい状況が続いているようですね。

sudirman静まりかえったスディルマン通り。本来は車がたくさん通っている:じゃかるた新聞社提供

海外拠点のビジネスシーンはどう変わったか?

上條
カミジョー

ビジネスシーンでの影響はいかがでしょうか?お客様とのやりとりに変化はありますか?

佐々木
佐々木

今はロックダウンなので全てWeb会議ですが、数ヶ月前までは重要な打合せに絞って訪問していました。
訪問の際は必ずPCR検査の結果が求められます。訪問頻度はプロジェクトや提案で「ここぞ」というタイミングでのみお互い顔を合わせる、というレベルです。
逆に、IoTの導入時には1度も訪問せずに完了したプロジェクトもあり、システム導入の考え方も大きく変わったと感じています。

上條
カミジョー

IoTプロジェクトなのに1度も訪問せずに完了できるものなのですね。
詳しく書かれている別記事で拝見しましたが、コロナ流行前は工業地帯で長い渋滞が発生していたようですが、今はどのような状況ですか?

佐々木
佐々木

インドネシアのジャカルタに比較的近いMM2100という工業地帯では、多くの製造業の会社が集結しています。
B-EN-Gのお客様もMM2100に拠点を置いているお客様が多いです。ジャカルタから早くても1時間半程度はかかっていた道のりでしたが、今は渋滞が激減して30分程度となり驚きました。とはいえ私も現地に行く機会が減りましたが。

上條
カミジョー

B-EN-Gインドネシアと関わりが強い「日系企業のお客様」は、IT投資の意識にどのような変化がありましたか?

佐々木
佐々木

コロナ直後はIT投資を抑える企業がほとんどでした。
業績の良し悪しに関わらず足踏みせざるを得なかった状況だったと思いますが、1年経過したこともあり「“長期戦=新常態”を想定し、元々課題だったことにも取り組もう」というムードに切り替わってきているようです。

上條
カミジョー

具体的にはどのような相談がありましたか?

sasaki-2
佐々木

一番多かったのは「在庫精度の向上、経営状況の見える化」でした。さらなる長期化を危惧して検討を始めたお客様も出てきています。やはり現地に行きにくくなったので「見える化」がテーマになっていることは間違いないです。

上條
カミジョー

コロナ感染拡大当初と今を比べると、各企業の態度変容が起きてきているのですね。
B-EN-Gインドネシアとして何か新たな取り組みはされたのでしょうか?

佐々木
佐々木

お客様から業務の見える化の相談を頂くことが多くなり、まずは自社内からということで業務の見える化に取り掛かることにしました。コロナの感染拡大直後、比較的早い段階でB-EN-G自身が開発、および運用しているクラウド会計ERPシステム「GLASIAOUS(グラシアス)」を導入しました。
GLASIAOUSは、日本本社、現地の会計事務所、そして自社のローカルスタッフがそれぞれの言語でリアルタイムに確認できます。在宅勤務でも業務を止めることなく、営業書類などもクラウド上で共有して業務を進めることができるため、大いに効果を発揮しました。
自社で導入・活用することにより、お客様のシステム導入の際にも、よりユーザ視点に立って対応することができるようになりました。

B-EN-Gインドネシアオフィスの風景コロナ禍前のB-EN-Gインドネシアオフィスの風景

上條
カミジョー

B-EN-Gでもお客様に会計システムを提供していますが、自ら実際に使うことで提案やプロジェクト進行がクリアになっている部分も大きいようですね。
インドネシアのこと、そして日系企業の実情がわかり勉強になりました。
本日はどうもありがとうございました。

関連タグ
リスク管理

関連記事

日米公認会計士が語るタイ会計システム導入、プロジェクト成功の秘訣は?

日米公認会計士が語るタイ会計システム導入、プロジェクト成功の秘訣は?

世界のビジネス環境は、ここ数年で大きく変わった。日本とタイもその例外ではない。以前のように現地に出張ができず、日本から現場の様子が正確に把握できない状況が続いている。タイに進出する日系企業の多くはすでに何らかの会計システムを導入しているが、テレワークが進み、とりわけクラウド会計システムへのニーズが拡大している。先行き不透明な状況が続くなか、アフターコロナに備えて今のうちにテレワークにも対応可能な会計システムを整備しようという企業は少なくないようだ。

在庫管理から会計処理まで 一気通貫で管理する仕組みを タイとミャンマーで構築 月次締め処理も効率化し 残業時間を大幅削減

在庫管理から会計処理まで 一気通貫で管理する仕組みを タイとミャンマーで構築 月次締め処理も効率化し 残業時間を大幅削減

国内発売開始からロングヒットを続ける健康飲料である「ポカリスエット」で知られる大塚製薬株式会社。同製品を含む健康飲料事業のさらなる拡大を目的に、同社ではタイおよびミャンマーへ設置した拠点に、ビジネスエンジニアリングのクラウド型国際会計&ERPサービス「GLASIAOUS」(グラシアス)を導入。見たいデータを見たいフォーマットで日本からでも簡単に確認できる仕組みを実現し、経理・財務にまつわる管理業務の効率化を実現している。

自計化で迅速な経営判断が可能に クラウドの利点を生かしてコロナ禍のリモートワークを実現し業務を止めず事業を継続

自計化で迅速な経営判断が可能に クラウドの利点を生かしてコロナ禍のリモートワークを実現し業務を止めず事業を継続

ヤマサ醤油株式会社のタイ現地法人、YAMASA ASIA OCEANIA CO., LTD.では、業務の効率化を目的に、ビジネスエンジニアリングのクラウド型国際会計&ERPサービス「GLASIAOUS」を導入。受発注・在庫管理などの業務の効率化、また、自計化(自社会計への移行)の実現によってリアルタイムに財務状況を把握し、財務諸表に基づいた迅速な経営判断を可能にした。

すべてのタグ