海外拠点マネジメントの課題とヒント

solution-hint-mv

「人材と組織」「システム」「コスト」の視点から海外拠点マネジメントの課題と解決策を考えます。

「人材と組織」の課題

自社グループ

solution-hint
  • 標準業務モデルを定義したいが、グループ拠点間の連携が弱く「日本本社」からは「海外拠点の実態」がわからない。
  • 「海外拠点」展開時に体制面で「日本本社」から十分な支援ができず、現地任せになってしまう。
  • 現地法人ではシステム導入・サポートのために十分な体制を取れない。

海外拠点スタッフ

  • キーマンとなる現場担当者の転職により、導入プロジェクトが止まったり、前フェーズに戻ってしまう。
  • 賃金や保証など雇用条件に対し、現場担当者のストライキが起こりプロジェクトが進まない。
  • システムを扱える業務担当者が属人化しており、システム入れ替えに抵抗を示す。

システム導入企業

  • 導入ベンダーの対応可能な国に限界があり、グローバルERP導入において全拠点のシステム展開をサポートできるパートナーが見つからない。
  • 現地ベンダーに頼るとある日突然いなくなることがある。

「本社」「海外拠点」の協力と適切な導入企業の選定が必要

 

「システム」の課題

solution-hint02
  • 標準業務モデルを定義したいが、グループ拠点間の連携が弱く「日本本社」からは「海外拠点の実態」がわからない。
  • 「海外拠点」展開時に体制面で「日本本社」から十分な支援ができず、現地任せになってしまう。
  • 現地法人ではシステム導入・サポートのために十分な体制を取れない。

各拠点、個別の業務要件まで満たし、
多拠点展開や拠点の成長に応じて活用できるシステム選定が必要

 

「コスト」の課題

solution-hint03
  • グローバルERP導入のプロジェクトは日本本社主導にも関わらず、金銭面では受益者である現地負担が多く、現地法人から協力を得にくい。
  • モデルとなる最初の拠点には初期費用の負担が大きくなってしまう。
  • システム展開におけるサーバ構築費/システム運用の維持費など海外拠点の費用負担が少なくない。

システム導入/運用など「日本本社」と「拠点」での負担コストの計画が必要

 

グローバルERP実現のヒント

課題はケースによりさまざまですが、以下のようなアプローチでプロジェクトを成功させる確率を高めることができます。

solution-hint04

 

人材と組織、システム、コストの視点でみるグローバルERPを実現するための7つのヒント

人材と組織、システム、コストの視点でみるグローバルERPを実現するための7つのヒント

海外拠点へのグローバルERP展開を成功させるための具体的なヒントを「人材と組織」「システム」「コスト」の視点でまとめました。

ダウンロード

関連記事

コロナ禍の海外事業、ピンチをチャンスに変えるリモート活用術

コロナ禍の海外事業、ピンチをチャンスに変えるリモート活用術

長引くコロナ禍によって、海外事業のありかたは大きな変革を余儀なくされている。国をまたいだ移動が制限される中で、日本からの出張を前提としていた業務はどうすればよいのか。厳しい環境の中でも海外進出に成功する企業の特徴や、現地法人不要の進出方法、遠隔対応が難しい会計監査など、コロナ禍の海外事業のリモート活用術を紹介する。

ベトナム人社員の離職どう防ぐ? 進出27年の老舗に学ぶ

ベトナム人社員の離職どう防ぐ? 進出27年の老舗に学ぶ

日系企業の海外進出先としてベトナムが注目を集めている。市場の成長性や安定した政治体制に加え、優秀な労働力が豊富な点が大きな理由だ。一方で、社員の離職率の高さに悩む企業も多い。mcframeのパートナー企業で、同国に進出して27年になる三谷産業の子会社、Aureole(オレオ) Information Technology Inc.(AIT)の桶葭(おけよし)宗賢社長に、ベトナムの人材を定着させるコツや幹部育成の仕組みについて聞いた。

海外事業における業務デジタル化の勘所(第5回)現代のビジネス変革を牽引するデジタルトランスフォーメーションとは?

海外事業における業務デジタル化の勘所(第5回)現代のビジネス変革を牽引するデジタルトランスフォーメーションとは?

昨今、ビジネスにおけるデジタルトランスフォーメーションの必要性が至る所で叫ばれています。事業の成功のためには、最新のテクノロジーを理解し、それらを上手く活用していく事が求められます。本シリーズの最終話となる第5回では、これからの時代の業務刷新に寄与するデジタル技術やその特徴、またそれらを活用した施策実施のポイントを、海外に事業展開する企業の視点を交えてお話ししたいと思います。

すべてのタグ