【導入事例】キーワードはビジュアル化。生産と会計管理システム導入で タイムリーな経営指標の数値把握と業務効率化を実現

KEW (THAILAND) LIMITED

【導入事例】KEW (THAILAND) LIMITED
キーワードはビジュアル化。生産と会計管理システム導入で
タイムリーな経営指標の数値把握と業務効率化を実現

システムというのは諸刃の剣。現場にフィットしないシステムは、システムそのものを運営する手間と、実際のオペレーションを二重に行う必要が発生してしまうため、著しく生産性を低下させ、多額の開発・運営費用が継続的にかかってしまう結果を招く。一方で、実務に沿った形でうまく使えればその価値は無限大となり、多くの恩恵をもたらす。自社の計画とシステムの活用を戦略的に捉え、工場が大きく変わりつつある事例である。

導入製品

mcframe CS

mcframe GA

導入前の課題

  • 生産と経理のシステムが分断されており、毎月の実績の取りまとめに1ヶ月かかる
  • 旧システムは一部しか使われておらず、手書きの書類が増えミスが多い
  • システム構築時のスタッフ、開発会社が既になく、保守やスタッフへの教育ができない

導入後の効果

  • 経営上必要な数字(売上、原価、在庫、生産計画等)がタイムリーに入手可能に
  • 生産から経理へのデータ受け渡しのための手入力時間、ミス率の大幅削減
  • 在庫管理のためにデータと実物の突合に使われていた作業時間を大幅削減

詳細をみる

関連記事

在庫管理から会計処理まで 一気通貫で管理する仕組みを タイとミャンマーで構築 月次締め処理も効率化し 残業時間を大幅削減

在庫管理から会計処理まで 一気通貫で管理する仕組みを タイとミャンマーで構築 月次締め処理も効率化し 残業時間を大幅削減

国内発売開始からロングヒットを続ける健康飲料である「ポカリスエット」で知られる大塚製薬株式会社。同製品を含む健康飲料事業のさらなる拡大を目的に、同社ではタイおよびミャンマーへ設置した拠点に、ビジネスエンジニアリングのクラウド型国際会計&ERPサービス「GLASIAOUS」(グラシアス)を導入。見たいデータを見たいフォーマットで日本からでも簡単に確認できる仕組みを実現し、経理・財務にまつわる管理業務の効率化を実現している。

自計化で迅速な経営判断が可能に クラウドの利点を生かしてコロナ禍のリモートワークを実現し業務を止めず事業を継続

自計化で迅速な経営判断が可能に クラウドの利点を生かしてコロナ禍のリモートワークを実現し業務を止めず事業を継続

ヤマサ醤油株式会社のタイ現地法人、YAMASA ASIA OCEANIA CO., LTD.では、業務の効率化を目的に、ビジネスエンジニアリングのクラウド型国際会計&ERPサービス「GLASIAOUS」を導入。受発注・在庫管理などの業務の効率化、また、自計化(自社会計への移行)の実現によってリアルタイムに財務状況を把握し、財務諸表に基づいた迅速な経営判断を可能にした。

測定機器の稼働率を見える化 高度化する製造企業の顧客ニーズに対応

測定機器の稼働率を見える化 高度化する製造企業の顧客ニーズに対応

精密測定機器において国内外で高いシェアを誇る株式会社ミツトヨでは、中国・蘇州のショールームのリニューアルに伴い、ビジネスエンジニアリングの製造業向けIoTパッケージ「mcframe SIGNAL CHAIN」を導入。機器の稼働率を可視化できるようにすることで「モノ売り」から「コト売り」のビジネスを強化し、さらなる付加価値を顧客に提供しようとしている。

すべてのタグ