海外拠点マネジメントの現実

solution-fact-mv

企業が海外拠点へシステム展開を行う際、考慮すべきポイントを紹介します。

経営に大きな影響を与える海外現地法人

昨今、グローバル展開する日本の製造業において、海外現地法人は経営状況を左右するほど重要な位置づけとなりました。
このような背景からERPのありかたを再検討する企業が多くみられるようになっています。

「ERP」のありかたを再検討する企業が増大

 

ERPグローバル展開の理想と現実

しかし、ERPのグローバル展開ではシステムの計画、導入、運用の各フェーズで多くの課題があります。
「日本本社」と「海外拠点」がこれらの課題を事前に把握し、協力してプロジェクトを推進していかなければなりません。

「日本本社」「海外拠点」が課題を認識して共同でプロジェクト推進することが重要

 

B-EN-Gのグローバルソリューション

B-EN-Gは多数のグローバル展開プロジェクトをサポートした実績を活かし、万全の体制でグローバルERPの実現を支援します。

b-en-g 現地導入パートナー 海外拠点専用パッケージ

B-EN-Gが提供するグローバルソリューション

詳しくはこちら

人材と組織、システム、コストの視点でみるグローバルERPを実現するための7つのヒント

人材と組織、システム、コストの視点でみるグローバルERPを実現するための7つのヒント

海外拠点へのグローバルERP展開を成功させるための具体的なヒントを「人材と組織」「システム」「コスト」の視点でまとめました。

ダウンロード

『世界で闘う準備はあるか?』 導入レポート漫画版

『世界で闘う準備はあるか?』導入レポート漫画版

アジアでのERP導入に対して、一癖も二癖もある彼等が、如何に課題を解決していくか!をテーマに、判りやすいコミック形式(全3巻)で展開しています。

ダウンロード

関連記事

コロナ禍の海外事業、ピンチをチャンスに変えるリモート活用術

コロナ禍の海外事業、ピンチをチャンスに変えるリモート活用術

長引くコロナ禍によって、海外事業のありかたは大きな変革を余儀なくされている。国をまたいだ移動が制限される中で、日本からの出張を前提としていた業務はどうすればよいのか。厳しい環境の中でも海外進出に成功する企業の特徴や、現地法人不要の進出方法、遠隔対応が難しい会計監査など、コロナ禍の海外事業のリモート活用術を紹介する。

ベトナム人社員の離職どう防ぐ? 進出27年の老舗に学ぶ

ベトナム人社員の離職どう防ぐ? 進出27年の老舗に学ぶ

日系企業の海外進出先としてベトナムが注目を集めている。市場の成長性や安定した政治体制に加え、優秀な労働力が豊富な点が大きな理由だ。一方で、社員の離職率の高さに悩む企業も多い。mcframeのパートナー企業で、同国に進出して27年になる三谷産業の子会社、Aureole(オレオ) Information Technology Inc.(AIT)の桶葭(おけよし)宗賢社長に、ベトナムの人材を定着させるコツや幹部育成の仕組みについて聞いた。

海外事業における業務デジタル化の勘所(第5回)現代のビジネス変革を牽引するデジタルトランスフォーメーションとは?

海外事業における業務デジタル化の勘所(第5回)現代のビジネス変革を牽引するデジタルトランスフォーメーションとは?

昨今、ビジネスにおけるデジタルトランスフォーメーションの必要性が至る所で叫ばれています。事業の成功のためには、最新のテクノロジーを理解し、それらを上手く活用していく事が求められます。本シリーズの最終話となる第5回では、これからの時代の業務刷新に寄与するデジタル技術やその特徴、またそれらを活用した施策実施のポイントを、海外に事業展開する企業の視点を交えてお話ししたいと思います。

すべてのタグ