海外拠点マネジメントの現実

solution-fact-mv

企業が海外拠点へシステム展開を行う際、考慮すべきポイントを紹介します。

経営に大きな影響を与える海外現地法人

昨今、グローバル展開する日本の製造業において、海外現地法人は経営状況を左右するほど重要な位置づけとなりました。
このような背景からERPのありかたを再検討する企業が多くみられるようになっています。

「ERP」のありかたを再検討する企業が増大

 

ERPグローバル展開の理想と現実

しかし、ERPのグローバル展開ではシステムの計画、導入、運用の各フェーズで多くの課題があります。
「日本本社」と「海外拠点」がこれらの課題を事前に把握し、協力してプロジェクトを推進していかなければなりません。

「日本本社」「海外拠点」が課題を認識して共同でプロジェクト推進することが重要

 

B-EN-Gのグローバルソリューション

B-EN-Gは多数のグローバル展開プロジェクトをサポートした実績を活かし、万全の体制でグローバルERPの実現を支援します。

b-en-g 現地導入パートナー 海外拠点専用パッケージ

B-EN-Gが提供するグローバルソリューション

詳しくはこちら

人材と組織、システム、コストの視点でみるグローバルERPを実現するための7つのヒント

人材と組織、システム、コストの視点でみるグローバルERPを実現するための7つのヒント

海外拠点へのグローバルERP展開を成功させるための具体的なヒントを「人材と組織」「システム」「コスト」の視点でまとめました。

ダウンロード

『世界で闘う準備はあるか?』 導入レポート漫画版

『世界で闘う準備はあるか?』導入レポート漫画版

アジアでのERP導入に対して、一癖も二癖もある彼等が、如何に課題を解決していくか!をテーマに、判りやすいコミック形式(全3巻)で展開しています。

ダウンロード

関連記事

無意識に「罰」を下している?駐在員が知っておくべきマネジメントの「NG」

無意識に「罰」を下している?駐在員が知っておくべきマネジメントの「NG」

ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)などが実施した「海外進出企業の情報システム/デジタル技術活用に関する動向調査(2022年版)」では、日系企業の現地法人の多くが人材育成に関する悩みを抱えていることが浮き彫りとなった。いかに現地スタッフの自発性や可能性を引き出し、組織を好転させる人づくりを実現するか。タイをはじめ、ASEAN地域で日系企業の現地法人向けに人材開発を支援するWS PARTNERSとB-EN-Gの両者が語り合った。

インドネシアでのマネジメント 現地スタッフを動かす4つの「要点」 ~システム導入プロジェクト成功への勘所~

インドネシアでのマネジメント 現地スタッフを動かす4つの「要点」 ~システム導入プロジェクト成功への勘所~

約2億7千万人と世界第4位の人口を誇り、豊富な天然資源に恵まれるインドネシア。安定した経済成長を続け、各国企業の投資や進出も相次ぐ。一方、いざビジネスを展開するとなると、文化や気質の違いをはじめ、自然災害の多さなど現地事情に悩まされることも多いという。同国で日系企業のシステム導入のサポートにあたる「B-EN-Gインドネシア」の社員が、日系企業が抱える課題や現場の悩み、また、システム導入プロジェクトの成功に向けたマネジメントの勘所を語る。

どう変わった?日系海外進出企業のIT活用 海外現地法人と日本本社の動向調査から推察する

どう変わった?日系海外進出企業のIT活用 海外現地法人と日本本社の動向調査から推察する

コロナ禍を経て、日系海外進出企業のIT活用の実態や課題はどのように変わったか―。ビジネスエンジニアリングと矢野経済研究所はこのほど、「海外進出企業の情報システム/デジタル技術活用に関する動向調査」と題した調査を行った。日本本社のみならず、ASEANやインドといった進出先の現地法人を含め計571件の回答を得た中、グローバル展開する日本企業の多様な現実が浮かび上がった。調査・分析を行った2人が今回の結果や、DX推進を含むIT活用の今後の課題について語った。

すべてのタグ