導入事例 帝国通信工業株式会社

帝国通信工業株式会社

洪水を乗り越えタイ拠点を再強化 mcframeで在庫減・不良減・品質向上

前面操作ブロック・可変抵抗器・プラスチック成型品、および金型等を製造している帝国通信工業。同社は、2012年タイのアユタヤハイテク工業団地に、プラスチック成型品事業とハイテク電子部品事業を統合し、中間品の製造から完成品の組み立てまでを一貫生産する体制を構築。同時に一貫生産体制を支えるため、mcframe CSとmcframe GAを基幹システムとして導入。情報共有による業務効率化、タイでの導入を基点に本社を含むグローバル展開を行い、競争力の高い世界最適地生産供給ができるマネジメントを狙っている。

導入製品

mcframe GA

mcframe CS

導入前の課題

  • 拠点ごとのシステム導入による管理単位体制の個別化
  • 最適地生産供給や連結会計などのグループ統合
  • 日本で運用している基幹システム(メインフレーム)の限界とサポート切れ

導入後の効果

  • 新たなシステム導入によるグローバル最適地生産体制の構築
  • 国内事業と輸出事業のBOI対応のプロジェクト管理が容易
  • 生産管理情報の精度向上による最適在庫とリードタイム短縮
  • データの見えるかによる業務スピードの向上

詳細をみる

すべてのタグ