【導入事例】洪水を乗り越えタイ拠点を再強化 mcframeで在庫減・不良減・品質向上

帝国通信工業株式会社

【導入事例】帝国通信工業株式会社
洪水を乗り越えタイ拠点を再強化 mcframeで在庫減・不良減・品質向上

前面操作ブロック・可変抵抗器・プラスチック成型品、および金型等を製造している帝国通信工業。同社は、2012年タイのアユタヤハイテク工業団地に、プラスチック成型品事業とハイテク電子部品事業を統合し、中間品の製造から完成品の組み立てまでを一貫生産する体制を構築。同時に一貫生産体制を支えるため、mcframe CSとmcframe GAを基幹システムとして導入。情報共有による業務効率化、タイでの導入を基点に本社を含むグローバル展開を行い、競争力の高い世界最適地生産供給ができるマネジメントを狙っている。

導入製品

mcframe GA

mcframe CS

導入前の課題

  • 拠点ごとのシステム導入による管理単位体制の個別化
  • 最適地生産供給や連結会計などのグループ統合
  • 日本で運用している基幹システム(メインフレーム)の限界とサポート切れ

導入後の効果

  • 新たなシステム導入によるグローバル最適地生産体制の構築
  • 国内事業と輸出事業のBOI対応のプロジェクト管理が容易
  • 生産管理情報の精度向上による最適在庫とリードタイム短縮
  • データの見えるかによる業務スピードの向上

詳細をみる

関連記事

在庫管理から会計処理まで 一気通貫で管理する仕組みを タイとミャンマーで構築 月次締め処理も効率化し 残業時間を大幅削減

在庫管理から会計処理まで 一気通貫で管理する仕組みを タイとミャンマーで構築 月次締め処理も効率化し 残業時間を大幅削減

国内発売開始からロングヒットを続ける健康飲料である「ポカリスエット」で知られる大塚製薬株式会社。同製品を含む健康飲料事業のさらなる拡大を目的に、同社ではタイおよびミャンマーへ設置した拠点に、ビジネスエンジニアリングのクラウド型国際会計&ERPサービス「GLASIAOUS」(グラシアス)を導入。見たいデータを見たいフォーマットで日本からでも簡単に確認できる仕組みを実現し、経理・財務にまつわる管理業務の効率化を実現している。

自計化で迅速な経営判断が可能に クラウドの利点を生かしてコロナ禍のリモートワークを実現し業務を止めず事業を継続

自計化で迅速な経営判断が可能に クラウドの利点を生かしてコロナ禍のリモートワークを実現し業務を止めず事業を継続

ヤマサ醤油株式会社のタイ現地法人、YAMASA ASIA OCEANIA CO., LTD.では、業務の効率化を目的に、ビジネスエンジニアリングのクラウド型国際会計&ERPサービス「GLASIAOUS」を導入。受発注・在庫管理などの業務の効率化、また、自計化(自社会計への移行)の実現によってリアルタイムに財務状況を把握し、財務諸表に基づいた迅速な経営判断を可能にした。

測定機器の稼働率を見える化 高度化する製造企業の顧客ニーズに対応

測定機器の稼働率を見える化 高度化する製造企業の顧客ニーズに対応

精密測定機器において国内外で高いシェアを誇る株式会社ミツトヨでは、中国・蘇州のショールームのリニューアルに伴い、ビジネスエンジニアリングの製造業向けIoTパッケージ「mcframe SIGNAL CHAIN」を導入。機器の稼働率を可視化できるようにすることで「モノ売り」から「コト売り」のビジネスを強化し、さらなる付加価値を顧客に提供しようとしている。

すべてのタグ