測定機器の稼働率を見える化 高度化する製造企業の顧客ニーズに対応

mitutoyo-mv
精密測定機器において国内外で高いシェアを誇る株式会社ミツトヨ(以下、ミツトヨ)では、中国・蘇州のショールームのリニューアルに伴い、ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)の製造業向けIoTパッケージ「mcframe SIGNAL CHAIN」を導入。機器の稼働率を可視化できるようにすることで「モノ売り」から「コト売り」のビジネスを強化し、さらなる付加価値を顧客に提供しようとしている。

コト売りビジネスをIoTで強化

製造革新の機運が高まる中国市場

mitutoyo_1
三丰精密量仪(上海)有限公司
営業技術部 部長
松田 慎也 氏

デジタル技術による製造革新の機運が世界的に高まっており、中でもその取り組みを積極的に進めるのが中国だ。2015年より国家戦略として定めた「中国製造2025」は、AIやIoT、クラウド、ビッグデータなどの最新技術と製造技術を融合させることでスマート化された工場を実現し「製造大国」という地位から「製造強国」の仲間入りを目指すという産業政策である。

そうした中国の製造業を顧客に抱え、高度化するニーズに応えて販売強化を進める企業がある。精密測定機器の製品で高いシェアを誇るミツトヨだ。世界30カ国以上に研究開発や販売の拠点を置く同社は中国市場における高精度、自動化、データ管理に重点を置いた取り組みを推進。その一環として製品の展示やエンジニアによる実演、実技指導、システム導入の相談など、顧客の課題解決のための最適なソリューションを提案する場であるショールームを展開している。

ミツトヨの中国法人である三丰精密量仪(上海)有限公司にて営業技術部 部長を務める松田慎也氏は「近年、中国でも工場のスマート化のニーズが増えています。蘇州のオフィスへの問い合わせも、機器そのものに対するものだけでなく、最近では機器の稼働率の把握や予防保全など、データ管理に関するものが増えています」と話す。

ショールームで展示する製品にmcframe SIGNAL CHAINを組み込む

2019年には蘇州のショールーム「M3 Solution Center China(Suzhou)」がリニューアルされた。新しいショールームは、「高精度」「自動化」「IoT」「精密測定」「測定工具」いう5つのコンセプトのゾーンで構成され、ミツトヨが考えるスマート化された工場を実現するためのソリューションが紹介されている。

この中で自動化ゾーンに導入されたのが、B-EN-Gのmcframe SIGNAL CHAIN(以下、SIGNAL CHAIN)だ。三次元測定機を含め、合計で4つの測定機を展示しており、それぞれに装着したパトライト社の信号灯から稼働率のデータを収集し、60インチのモニターに4分割で表示する仕組みが構築されている。

「導入においては、B-EN-Gの担当者からリモートでの環境セットアップや技術サポートを提供いただいたので、大きなトラブルもなく導入できました。当初は4台の測定器の稼働率を1つの画面上で可視化する仕組みがなかったのですが、そのことをB-EN-Gの担当者に伝えると、画面を4分割にして表示できるようカスタマイズをしてもらえたので本当に感謝しています」(松田氏)

mcframe SIGNAL CHAINが、簡単に稼働率を集計して可視化できることに驚きました。自社の付加価値を高められることはもちろん、お客様の生産性向上にも寄与できるソリューションであると感じています

営業技術部 部長 松田 慎也 氏

自社製品の訴求力が増し顧客への導入につながった

mitutoyo_2
三丰精密量仪(上海)有限公司
営業技術部 次長
兼 蘇州地区 エリアマネージャー
李 斌 氏

また、営業技術部 次長で蘇州地区のエリアマネージャーを務める李斌氏は次のように話す。

「蘇州のショールームは、ミツトヨの製品を直感的に感じていただける場所です。測定機とSIGNAL CHAINを連携することで機械の稼働率や稼働状況など、さまざまなデータを可視化できます。最大の目的は、お客様の工場のデジタル化を推進すること。すでに実際にショールームを見てもらい導入に至ったお客様の成功事例もあります」

中国のある企業の工場では、4台の三次元測定機が稼働していたが、かねてから稼働状況の見える化をしたいという要望があった。そこでショールームを見学してもらい、紙の資料や言葉だけでは伝わりにくかった見える化の仕組みを実際に自動化ゾーンで体感してもらい、最終的に導入が決まったという。パトライト社の信号灯やSIGNAL CHAINなどの必要な機器は、大手機械商社でB-EN-GのIoTソリューション販売も手掛ける山善の上海拠点が調達し、セットアップは山善とミツトヨの両社で実施している。

「中国でも、生産性や品質を高めたいという要望が増えていたので、SIGNAL CHAINの導入は非常に良いタイミングでした。ショールームでの見せ方も良く、お客様のニーズとも合致し、山善との共同の提案で成功事例につながりました。同様のソリューションを必要としているお客様はきっとたくさんいると思うので、どんどん訴求して同じ課題を抱えるお客様に提案していきたいと思っています」(松田氏)

予防保全の実現でサービスビジネスを強化する

今後の展望について李氏は、「ショールームで見ることができるのはあくまでもデモ環境です。実際の現場ではさまざまなニーズが出てくるので、今後はお客様のニーズに基づいて、標準機能だけでなくお客様ごとの機能を提供することが必要です。B-EN-Gと山善のサポートにより、お客様により良い提案をしていきたいと思っています」と話す。

測定機器とSIGNAL CHAINの連携で、稼働率と品質の見える化ができた。次に目指すのは予防保全だ。すなわち、機器の状態をリアルタイムにチェックして不具合の予兆を察知し、システムが止まる前に管理者に知らせてくれる付加価値サービスである。

「ミツトヨは、精密測定機器という“モノ”を売ってきた企業ですが、今後は先進技術を活用した付加価値サービスという“コト”を売っていく企業に変革することが必要です。その意味で、これからますます増えてくるであろうIoTの案件に対して、SIGNAL CHAINには大いに期待しています」と話している。

zuhanM3 Solution Center蘇州の自動化ゾーン。稼働状況をリアルタイムに監視して設備停止による稼働率低下を予防する仕組みをデモとして展示。

導入企業概要

商号 株式会社ミツトヨ
三丰精密量仪(上海)有限公司
創立 1934年10月22日
資本金 3億9,100万円
従業員数 単独 2,780名 / 連結 5,371名
事業内容 ノギス、マイクロメータなど、精密測定機器の製造・販売を事業として展開

企業ウェブサイト

導入製品

mcframe SIGNAL CHAIN
※クリックすると製品サイトに移動します。

  • 本事例は2021年3月現在の内容です。
  • 本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載当時のものであり、変更されている可能性があります。
  • 本事例に記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
  • 掲載企業様への直接のご連絡はご容赦ください。
関連タグ
業務効率化

関連記事

在庫管理から会計処理まで 一気通貫で管理する仕組みを タイとミャンマーで構築 月次締め処理も効率化し 残業時間を大幅削減

在庫管理から会計処理まで 一気通貫で管理する仕組みを タイとミャンマーで構築 月次締め処理も効率化し 残業時間を大幅削減

国内発売開始からロングヒットを続ける健康飲料である「ポカリスエット」で知られる大塚製薬株式会社。同製品を含む健康飲料事業のさらなる拡大を目的に、同社ではタイおよびミャンマーへ設置した拠点に、ビジネスエンジニアリングのクラウド型国際会計&ERPサービス「GLASIAOUS」(グラシアス)を導入。見たいデータを見たいフォーマットで日本からでも簡単に確認できる仕組みを実現し、経理・財務にまつわる管理業務の効率化を実現している。

自計化で迅速な経営判断が可能に クラウドの利点を生かしてコロナ禍のリモートワークを実現し業務を止めず事業を継続

自計化で迅速な経営判断が可能に クラウドの利点を生かしてコロナ禍のリモートワークを実現し業務を止めず事業を継続

ヤマサ醤油株式会社のタイ現地法人、YAMASA ASIA OCEANIA CO., LTD.では、業務の効率化を目的に、ビジネスエンジニアリングのクラウド型国際会計&ERPサービス「GLASIAOUS」を導入。受発注・在庫管理などの業務の効率化、また、自計化(自社会計への移行)の実現によってリアルタイムに財務状況を把握し、財務諸表に基づいた迅速な経営判断を可能にした。

設備の稼働率と保全状況をリアルタイムに可視化 紙ベースの業務を大幅に削減し現場作業員の生産性を改善

設備の稼働率と保全状況をリアルタイムに可視化 紙ベースの業務を大幅に削減し現場作業員の生産性を改善

多種多様なプラスチック製品の製造を手がける天馬株式会社は、インドネシアのチカラン工場における生産設備の稼働状況とメンテナンス状況をタイムリーかつ正確に把握して業務効率化を図るため、ビジネスエンジニアリングの製造業向けIoTパッケージ「mcframe SIGNAL CHAIN」を導入。人手に頼らずに稼働状況を正確に把握できるようになったほか、スマートフォンを用いた設備メンテナンス業務の効率化も実現している。

すべてのタグ